2019年 11月 16日 (土)

美少女キャラ車体に描く 「痛車」が20代前半に大うけ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

使われる人気キャラが深夜枠のアニメ

   人気上昇を受ける形で、芸文社は08年3月26日に「痛車」210台を掲載した専門誌「痛車グラフィックス」を創刊した。同誌編集部によると「痛車」のオーナーは車好きな20代前半が中心。従来の車好きはチューンアップして走りを競ったり、自分好みにカスタマイズしたりしていたが、そこに、「外観を美少女キャラで装飾し楽しむ」という流れが生まれた。「痛車」に乗って目立ちたい人、純粋にアニメやキャラが好きな人と様々だが、使われる人気キャラが深夜枠のアニメである場合が多く、それを支えているのが20代ということらしい。

   同編集部はJ-CASTニュースに、

「彼らは騒音を出すわけでもなく、暴走するわけでもなく『上品に』車を楽しんでいます。若者の車離れ、と言われていますが、こんなふうにして盛り上がっている分野もあるんです」

と話した。この「痛車」ブームはこれからも加速していく、と見ていて、

「派手な装飾ものはそれほど増えないと思いますが、『プチ痛車』と呼ばれるワンポイントのステッカーを貼ったような車は相当増えてくるのではないでしょうか」

と予測している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中