2019年 11月 20日 (水)

「2ちゃんねる」サーバー停止 韓国からの「サイバーテロ」だった

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   巨大掲示板「2ちゃんねる」に、2008年4月16日夜から翌日の午前2時まで大規模なネットワーク障害が発生した問題について、サーバーを管理する「BIG-server」はJ-CASTニュースの取材に対し、韓国国内の4000以上のIPアドレスからDDoS(分散サービス妨害)攻撃が行われたことを4月17日に明らかにした。韓国、中国からの「2ちゃんねる」への組織的な攻撃は以前にも発生している。

サーバー稼動初日を狙い撃ちされた?

「2ちゃんねる」は韓国、中国からDDoS攻撃されていた
「2ちゃんねる」は韓国、中国からDDoS攻撃されていた

   DDoS攻撃というのは、複数のネットワークに分散する大量のコンピュータが一斉に特定のサーバーへ不正データを送出。サーバーのデータをあふれさせて機能を停止させてしまう攻撃をいう。「BIG-server」によると08年4月16日18:00に DDoS攻撃が始まったのを確認。同20:00に日本国内のネットワークがプライムタイムに入り、ネットワーク負荷が更に上昇したことで障害規模が更に拡大。同21:00に 障害の原因が韓国国内の4000以上のIPアドレスからのDDoS攻撃だとわかった。

   翌日の02:45に完全復旧したが、復旧までかなりの時間を要した原因を、

「データセンターのコアルータを新しいものに交換した稼働初日だったため、攻撃への対処手順が従来と異なり、対処までに時間を要し、障害の拡大を招くこととなりました」

と同社では説明している。稼動初日を狙い撃ちされた可能性もないわけではない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中