2021年 6月 25日 (金)

「ぬれ煎餅」大ヒット それでも銚子電鉄はまだ崖っぷち

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

レールや自動列車停止装置など10億円以上の投資が必要

   銚子電鉄はJ-CASTニュースの取材に対し、

「私達はいま『ぬれ煎餅』に支えられていますが、あくまで本業は鉄道。経営を立て直すには鉄道に投資し、土台をしっかりさせなければならないのです」

と話した。緊急を要した整備は「ぬれ煎餅」の売り上げや寄付金などで何とかクリアできたが、全体に老朽化が進んでいて、レールの整備や、自動列車停止装置の装備など、今後、10億円以上の投資が必要だという。

   そして一番の心配事は、ブームの終焉だ。「ぬれ煎餅」が話題になって以降、全国から年間20万人以上の客が電車に乗りにきて、「ぬれ煎餅」を買っていくようになった。 しかし、銚子電鉄はこんな不安をもらす。

「この人気がいつまで続くのか、リピーターになっていただけるのか。だから、一過性のブームで終わらせないように、観光と結びつけるなど、何らかの展開が必要になっているのです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中