2018年 7月 19日 (木)

ローソン中国人留学生大量採用 日本人より優秀だから?

印刷

   コンビニ大手のローソンが2009年春の新卒採用で、中国人を中心とした外国人を大量採用する。他のコンビニ大手にそうした動きはなく、ローソンはなぜそうした戦略を取るのだろうか。

08年比5倍のアジア人採用を予定

コンビニの外国人採用が話題に
コンビニの外国人採用が話題に

   ローソンは、J-CASTニュースの取材に対し、アジアからの積極採用は08年から始めている。2008年春の新卒採用のうち10人がアジア人で、内訳は9人が中国人、1人がベトナム人だと答えた。09年春には110‐130人の新卒を採用する計画で、このうち30人~50人が中国人を中心としたアジア人になるそうだ。08年の5倍の採用ということになる。

   中国人を中心に採用するのは、日本にいる留学生が圧倒的に多いからだ。同社が外国人の積極採用を決めたきっかけは、応募してくる留学生の能力が非常に高く、「落とすにはもったいない」という声が人事部門から上がっていたため。企業としての国際化、開かれた企業を標榜する中で、外国人採用の明確な企業方針を打ち出したのだという。

セブンイレブン「現時点で増やす予定はありません」

   採用された留学生の配属先だが、

「将来的には海外店舗戦略といった仕事に就いてもらう、ということも考えられますが、現状としては商品やサービスの開発が中心になる予定です」

と同社広報は話した。会社全体の活性化にもつながるのではないか、としている。

   他の大手コンビニはどうなのというと、ファミリーマートでは、毎年数人のアジア人の採用をしているものの今後人数を増やすという計画はなく、「優秀ならば採用する」というスタンスなのだという。セブンイレブンは、

「外国人採用を増やす予定は現時点ではありません」

ということだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中