東国原英夫「田中義剛が大変なことになっている」

印刷

   宮崎県知事の東国原英夫さんは2008年4月30日にブログを更新した。そのなかで、「盟友」の、北海道に酪農場を経営するタレントの田中義剛さんが、「大変なことになっている」と報告している。

   田中さんの酪農場(花畑牧場)で、

「牛乳から作る生キャラメルの売り上げが爆発的な伸びらしい。」

   「手造り生キャラメル」(花畑牧場)は、北海道千歳空港のお土産で第2位にランクしているそうだ。1位が「白い恋人」(石屋製菓)、3位が「マルセイバターサンド」(六花亭)と、老舗にはさまれる格好だ。

   売り上げは、千歳だけで、1か月約3000万円にも上る。

   東国原知事によると、田中さんは、一時は牧場の赤字が4億を超えていた。そこから巻き返してきたたくましさに、

「凄い」「やるな~。」

   賛辞を送った後、

「やはり、次世代産業を担うのは、創意工夫、アイデア、発想力、行動力、決断力だな。」

と知事らしく分析してみせ、最後をこう結んだ。

「こういう人物・企業が宮崎にも出現しないものだろうか?」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中