2020年 6月 5日 (金)

「緊急地震速報」地デジ2秒遅れ 「これは大きい」と気象庁

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   首都圏の地上デジタル放送(地デジ)は、現在のアナログより約2秒遅れて画面表示されるため、気象庁発表の緊急地震速報も遅れて伝わる。こんな思ってもいなかった地デジの弱点が明るみに出た。

ワンセグでは平均3.85秒遅れる

地震速報は間に合うのかが話題に(写真はイメージ)
地震速報は間に合うのかが話題に(写真はイメージ)

   地デジの受信速度を調査し、発表したのは横浜国立大工学部の高橋冨士信教授のグループ。地デジは情報量が多いために情報を圧縮して送信するため、解凍するのに時間がかかる。アナログ放送に比べ、首都圏では平均1.95秒遅れて受信。ワンセグメント放送(ワンセグ)では平均3.85秒遅れるのだという。そのため、気象庁の緊急地震速報の受信に影響が出る可能性があるというのだ。

   地デジやワンセグの受信遅れは「緊急地震速報」にどんな影響を与えるのだろうか。気象庁の地震津波監視課はJ-CASTニュースの取材に対し、

「地震が来る前に『間もなく大きな揺れがやってきます』と速報する場合もあるわけですから、2秒、4秒の遅れは大きい」

   と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中