2019年 9月 23日 (月)

テニスで「八百長疑惑」報道 森上選手側は完全否定

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   テニスの全仏オープンに出場した日本人ダブルス選手が意図的に負けた可能性はないか、国際テニス連盟が調査開始を発表したと新聞各紙が報じた。選手が試合後にコーチの一言を暴露したのがきっかけとされているが、選手のマネージャーは、「八百長などするわけがない」と完全否定している。

「あまり勝ってほしくないんだよね」

森上亜希子選手は公式ブログで釈明した
森上亜希子選手は公式ブログで釈明した

   「八百長疑惑」騒動が生じたのは、全仏オープン試合後の記者会見における発言がきっかけだった。2008年5月30日に行われた女子ダブルス1回戦に出場した森上亜希子選手(28)が、試合前に日本のナショナルチームコーチの一人から次のように言われたと明かしたのだ。

「あまり勝ってほしくないんだよね」

   新聞各紙によると、この試合でペアを組んだ中村藍子選手(24)は、シングルスの世界ランク71位で、シングルスで北京五輪出場が危うい状況だった。60位前後までとされる出場権を得るには、6月9日付のランクを上げなければならない。そこで、コーチは、全仏ダブルスで勝てば、2日からイギリスで開かれるシングルスの大会に出場できなくなることを危惧して森上選手らに言った、というのだ。

   森上選手は記者会見で、「試合前の選手に言う言葉じゃない」とコーチを批判した。しかし、中村選手のコーチではないという。ダブルスの試合では、森上・中村ペアは、第4シードの台湾選手ペアに0-6、1-6で完敗している。

   各紙によると、この発言を巡って、意図的に試合に負けた可能性があるとして、国際テニス連盟が5月31日、全仏の主催者による調査を行うと発表した。八百長疑惑まで報じられた同連盟は、「われわれは勝敗を操作するあらゆる接触を許さない。今回は五輪精神に反することでなおさら残念だ」とのコメントを出した。ただ、広報担当者は6月1日、「調査中であること以外に説明できることはない」と話したという。

   この騒ぎに対し、森上選手は、公式ブログで6月2日、「お伝えしたいこと」と題する一文を載せた。そこでは、記者会見での発言について、中村選手ら関係者に「多大なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「試合の結果は、満足のできるものでは無く、とても悔しく残念ですが、最善を尽くした結果です」として、八百長疑惑を否定した。ブログは、アクセスが殺到したためか、表示しにくくなっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中