山本モナ告白 新宿2丁目で記者に追われる

印刷

   タレントの山本モナさんは新宿2丁目のゲイバーで遊んでいたところを記者に追いかけられたと、2008年6月4日のブログで告白している。

「きのう、ちょうどお友達の誕生日だったのでお食事をして、
そのお店にお祝いにいったところ…。
記者の方らしき方が…(笑)」
「お店の帰りにナゾのワゴン車に追っかけられました(笑)」

   その記者は最近、某テレビ局で「山本モナが、新宿2丁目に飲みに行ってるらしいけど、どの店にいってるか知りませんか」と聞いて回ってるという。

   新宿2丁目は、言わずと知れたゲイバーの多い地域だ。

「実は、すごく仲のいい、新宿2丁目でバーを経営しているお友達がいて、
確かにそのお店によく行ってるんですよね。
ホントに何でも話しができる大親友で、見た目完全に男の子ですが、
もちろんオネエです(笑)」

   女性客が多い店ということで、

「私も、一人で気軽に行けちゃうようなお店なんです」

お酒を飲んだり、おしゃべりをしたりして楽しんでいるようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中