2019年 1月 16日 (水)

編集長からの手紙
大企業役員が叱った「サービスタクシーはみっともない」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   個人タクシーから冷えたビールなど「ちゃちいサービス」を受けていた役人の話は、みっともない話だ。

   霞が関の官庁街に限らず、深夜に遠距離の上客を期待してタクシーが行列しているところは東京のあちこちにある。ちょっと古い話だが、友人が某大企業の近くに並んでいるタクシーに乗って湘南の自宅へ帰った。降りるときに「では」といって運転手が2000円を差し出した。

   「これは?」と聞くと、いつもあそこから乗る客にはあげているのだという。個人タクシーでなくても、遠距離客は歩合稼ぎにはありがたい。そのタクシーが「あそこ」という列は、その会社の前に並んでいるタクシーの列、これが本物の列で、そこからちょっと離れた場所にあった。会社のチケットで帰宅する遠距離の社員の間で、知る人ぞ知る場所だった。

   後日、友人が教えてくれた割戻しの列を探してみたが、見当たらない。本物の列からタクシーに乗って運転手に聞いてみた。

   「ああ、あれね。もう、ないんだよ。ある運転手が客にお金を出したら、それが役員だったんだね。こりゃなんだ、みっともない、と怒って、翌日からなくなったよ」

   役員のいうとおり、みっともない。そんな会社だという評判が立っては堪らない。役人がサービスを受けている居酒屋タクシーも、そういう話ではないのかな。

発行人(株式会社ジェイ・キャスト 代表取締役)
蜷川真夫

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中