2019年 2月 21日 (木)

熊田曜子がデジタル万引き? テレビで「本をちょっと写メ」発言

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「実際そういうことをやっていることはありません」

   熊田さんの「写メ」発言は、デジタル万引きの告白なのか。

   所属事務所アーティストハウス・ピラミッドのマネージャーは、J-CASTニュースの取材に対し、

「実際そういうことをやっていることはありません」

と否定した。そして、次のように、「写メ」発言が飛び出した理由を説明した。

「多少、マナー違反という認識はありましたが、足らなかった部分がありました。生放送の中で何かコメントしなければならないと思い、つい軽率に言ってしまいました。うかつだったと思います。中尾さんたちから指摘されてハッと思い、改めて再認識させられたということです」

   デジタル万引きは、携帯カメラが普及し始めた5年ほど前から見られるようになった。全国の新刊書店でつくる日本書店商業組合連合会によると、当時は、面白さ半分で本や雑誌を携帯カメラで撮る行為に手を焼いていた。最近は、ネット上で無料の情報が得られるようになり、フリーペーパーも普及したこともあって、少なくなったのではないかという。

   ただ、文化庁著作権課によると、デジタル万引きで撮ったものをネットで流したり、複製して販売したりすれば、著作権法違反になる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中