ルー大柴 千葉大生400人に「環境プロブレム」をトーク

印刷

   タレントのルー大柴さんは千葉大学で環境問題についての講演を行った。2008年7月7日のブログに書いている。

「ジ アザーデイ(先日)、千葉大学で環境プロブレム(環境問題)について、ステューデントとトークショーを行いました」

   会場には「アバウト400人」が集まった。ルーさんは「まず出来る事から始めよう」と呼びかけ、マイ箸を使う、仕事の台本とスケジュールをなるべくメールでマネージャーから貰う、ファックスの裏紙をメモとして使う、楽屋の電気・エアコンをOFFにしてから帰るといった日頃実践していることを話した。「1人1人の心がけがチリも積もればマウンテンになる」と訴えると、生徒はとても熱心に聞いてくれて「ハートがウォッシュ」されたという。

   最後には、NHK「みんなのうた」でおなじみのルーさんが歌う「MOTTAINAI~もったいない~」を「最後に全員でスタンダップしてシング ア ソング」した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中