2018年 7月 19日 (木)

海外強化を狙う大手邦銀成長戦略 三菱UFJの「次の一手」に注目

印刷

   三井住友銀行は英銀大手バークレイズに5億ポンド(約1060億円)を出資する。米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題で多額の損失を出したバークレイズが2008年7月上旬に実施する45億ポンドの増資の一部を引き受ける。

   1月に米証券大手メリルリンチに出資したみずほコーポレート銀行に次ぐもので、米欧金融機関への資本支援で海外事業強化を狙う大手邦銀の戦略が鮮明となった。メリルへの出資をめぐって、みずほに敗れたとされる三菱東京UFJ銀行の出方が今後の焦点だ。

国内での収益が頭打ちで、海外に目が行く

三菱東京UFJ銀行の出方に注目が集まる
三菱東京UFJ銀行の出方に注目が集まる

   三井住友とバークレイズは業務面でも提携する。バークレイズは、英国の植民地だったインドや中東、アフリカで顧客基盤と店舗網が充実し、富裕層ビジネスにも強い。三井住友はアジアに基盤があるため、両行が地域や商品を補完する提携を進める意向だ。

   三井住友幹部によると、両行は今年1月から業務提携の協議を開始した。当初は資本関係を結ぶ予定はなかったが、その後にバークレイズがサブプライム問題に伴う資本不足を解消するため、増資に踏み切り、三井住友の出資が決まった。資本提携に発展したことについて、三井住友幹部は「トップ同士の信頼関係が大きかった」と説明。三井住友は不良債権問題で苦しんでいた03年、米ゴールドマン・サックスから出資を受けたが、今回は立場が逆転した形だ。

   大手邦銀は国内での収益が頭打ちで、海外業務を成長戦略の柱に掲げている。90年代のバブル崩壊で海外業務の縮小を余儀なくされたが、サブプライム問題では邦銀は欧米に比べると損失が少ない。みずほに続く三井住友の動きに対し、渡辺喜美金融担当相は「我が国が金融機関も含めて攻めの姿勢に転換できるチャンスだ」と評価した。

三菱UFJには米地銀の買収を積み重ねる選択肢

   3大邦銀では残る三菱東京UFJ銀の「次の一手」に関心が集まる。同行はメリルリンチへの出資をめぐって、みずほと争ったとされ、巻き返しのチャンスをうかがっている。三菱東京UFJ銀の永易克典頭取は今春、報道各社のインタビューで、米欧金融機関への出資について、「サブプライム問題は終息したと思えず、(出資は)慎重に考えないといけない」と語っていたが、水面下では入念に策を練っているようだ。

   同行は米欧大手への出資を探る一方、米国の地方銀行の買収も検討している模様だ。同行が80年代に買収した米カリフォルニア州の地銀、ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニアは毎年800億円規模の利益を稼ぎ、「邦銀出資の成功モデル」とされる。この手法を生かし、米地銀の買収を積み重ねて収益基盤を構築する選択肢もありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中