2018年 7月 19日 (木)

電力10社、07年度のCO2排出量14%増える

印刷

   電力10社が2007年度に排出した二酸化炭素(CO2)の量が前年度と比べて14.3%増えたことが、日本経済新聞社の調べでわかった。同紙が2008年8月13日付で報じた。それによると、07年度は全国の原子力発電所の設備利用率が60.7%と前年度から約10ポイント低下。東京電力の柏崎刈羽原子力発電所が稼動停止になっていることなどが響いた。

   電力各社はCO2削減に向けて排出量の少ないとされる原発や水力発電などへのウエートを高めているが、原発の稼働率が低下したことで火力発電による電力確保に努めたことから、CO2排出量が増えた。

   なお、電気事業連合会は「現在(各社の)CO2削減の実績については集約中」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中