2019年 12月 11日 (水)

ネットで注文6300万仏壇 どんなものなのか、正体を追う

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   6300万円の仏壇が売れたという話がネットで話題になっている。単なるいたずらで、注文だけした可能性が強いが、そもそもこんな超高額の仏壇は存在するものなのか。あるとすればどんな材料で、どんな作りになっているのか。別の店でそっくりに見えるものが98万円で売られているという情報もあり、「仏壇の値段」を巡る謎は深まるばかりだ。

「総紫檀材を使用、彫りも大変細かい」と謳う

   「Yahoo!ショッピング」で売られている6300万円の仏壇が動画投稿サイト「ニコニコ動画」のアフィリエイトに載って、6人に売れた。といっても、注文しただけのいたずらだったが、ネットでは、「家が買える値段じゃねーか」「6000万の仏壇があること自体おかしい」と騒ぎになっている。そこへ、よく似た仏壇が別の店で98万円で売られているという話が出てきた。6300万円の仏壇とはいかなるものなのか。

   この仏壇を売っているのは埼玉県に店を構える仏壇店で、サイトには、こんな宣伝文句が書かれていた。

「すごいです! 材質は総紫檀材です。いまではほぼ不可能に違い(原文のまま)総紫檀材を使用。材質だけではなく、彫りも大変細かいです。唐木仏壇にぴったりの材質と造りです。前柱はかご彫り、脇はフローリング作りです。家の宝を探しの皆さん、この商品はお勧めいたします」

   その後、このくだりは削除されている。

   「紫檀」とはインドネシアやタイといった東南アジアに生育している常緑広葉樹の一種で、唐木三大銘木の1つだ。堅くて光沢があり、古くから家具や仏具に用いられている。最近はとれにくくなっていて、希少価値が増しているようだ。

   一方、仏壇をネット販売している「全国有名仏壇店ネット」には、紫檀でできた仏壇(高さ170cm前後の場合)の値段について、目安が載っている。板の心材部を紫檀などの唐木材で包む加工方法があり、何方向から包むかによって値段が変わる。厚さ2~3ミリの紫檀の板で4面を囲う「四方練り」の場合、日本製は200万円以上、大きいサイズでは1000万円以上にもなる。3面を囲う「三方練り」は120万円以上、2面を囲う「二方練り」は80万円以上、もっとも普及している1面のみの「一方練り」は60万円以上といった具合だ。

   さらにここには、「もし実際に100%紫檀材(心材部まで紫檀)で作られたお仏壇があったとしたら、とても値が付けられる代物ではない」と書かれている。

   こんな注意書きもあった。

「お仏壇店のチラシ広告やホームページに『無垢』や『無垢材使用』という言葉が使われています。例えば『紫檀無垢台付仏壇』のようにあたかもそのお仏壇が紫檀材だけで作られたようなキャッチコピーが付けられていることがありますが、実際には100%唐木や銘木を使用しているお仏壇はほとんどなく、具体的には欄間や障子の彫刻などの一部分が無垢材で作られているに過ぎないのです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中