新日石、ガソリン卸値を1ℓあたり5.1円値下げ

印刷

   新日本石油は、ガソリンの卸価格を2008年9月1日から1リットルあたり5.1円下げると08年8月27日に発表した。08年7月以降の原油価格が下がっているためで、値下げは、ガソリン税などの暫定税率が一時的に失効した4月を除けば10ヶ月ぶりになる。これによって全国のレギュラーガソリンの平均店頭価格は170円台後半になる見込みだが、既に値下げを始めているガソリンスタンドもあり、08年9月以降の値下げ幅は店によってばらつきが出そうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中