板東英二の脳内構想 「板東JAPAN」だったらどうする?

印刷

   元プロ野球選手でタレントの板東英二さんが2008年8月27日、自身のブログ『板東英二のブレイクしたいねんっ!』で、板東JAPAN構想に考えを巡らせている。

   朝5時からテレビ番組のロケがあり、何かと忙しかったこの日。収録の合間、あるスタッフがこんなことを聞いたという。

「もし、板東JAPANだったらどうします?」

   その時に、撮った写真がブログには掲載されている。やや浅く腰掛けた椅子で、心持ち上体を反らせて腕組みをしている様子は、ベンチで試合を読む監督の表情だ。板東さん自身も、この時ばかりは「真剣モード」だったと説明する。

「急に監督になっちゃいました(笑)
顔が真剣過ぎです(笑)」

   とはいうものの、板東JAPAN代表メンバーについては、「メンバー・コーチ陣は、勝手に決めすぎてて、公表は差し控えさせて頂けます。。。」と、あくまで脳内構想に留まっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中