福田首相、「ぶら下がり取材」拒否を通告

印刷

   福田首相は2008年9月2日、内閣記者会に対して、辞任までの在任期間中は、1日1~2回行っていた「ぶら下がり取材」に応じない、と秘書官を通じて伝えた。理由は「無用な雑音を立てたくない」といったもので、大きな事故や事件が発生した場合は柔軟に対応するという。内閣記者会は通告に対して抗議し、従来どおり取材に応じるように求めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中