2022年 10月 5日 (水)

スマートフォン戦争が激化 企業向け狙いKDDIついに参入

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

KDDIも重い腰を上げ、09年春に端末投入

   同社では、法人向け需要のテコ入れをはかるため、08年9月9日、取引先を集めたイベントで、法人向けにiPhoneを1社あたり5台まで、3ヶ月間にわたって貸し出すと発表した。この日は、孫社長自身がiPhoneのビジネスシーンでの活用法を説明する熱の入れようだった。

   「市場にどれくらいのニーズがあるかわからなかった」として参入を見送っていたKDDIも、08年9月11日になって、09年春に法人向け端末を投入する、と発表した。発売されるのは、スマートフォン専業のHTC(台湾)製の「E30HT」。同社製品は、すでに日本市場ではNTTドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルから発売されている。

   KDDIの広報部では、参入の理由を

「ソリューションビジネスと連携するなど、法人向けでは市場に一定のニーズがあることがわかったため」

と説明。いわば、スマートフォンについては、「法人向けの方が確実な市場」との見方だ。一方、個人向け市場の展開については、

「iPhoneは『瞬間風速』みたいなものでしたし、個人向けのニーズについては、まだ見えてきません」

と、慎重な構えを崩していない。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中