2018年 7月 18日 (水)

通販番組の記事巡り 講談社がテレ朝を反訴

印刷

   テレビ朝日が通販番組の報道を巡り講談社を訴えていた問題で、講談社などは2008年9月16日、テレ朝に対し逆に計6000万円の損害賠償などを求め、東京地裁に反訴した。

   講談社は、「週刊現代」の記事で、テレ朝が通販番組で紹介した乗馬型運動器具「ロデオボーイII」の減量効果はでっち上げと批判。これに対し、テレ朝では、週刊現代の記事を「誹謗中傷」とニュース番組などで放送したうえ、名誉を棄損したとして07年8月、講談社に1億円の賠償を求め提訴していた。

   ところが、公正取引委員会が08年6月、テレ朝の通販番組について景品表示法違反(優良誤認)の疑いがあるとして、再発防止を求める警告を行った。このことを受けて、講談社は反訴を決めたらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中