Jリーグ、赤字クラブが15から7に減少

印刷

   Jリーグが2008年9月16日に発表したJ1、J2全31クラブの07年度経営情報によると、06年度は赤字クラブが15だったのに対し、07年度は7クラブに減少した。営業収入は、浦和が06年度比9億円増の79億6400万円で、06年度に引き続きトップだった。赤字額ではFC東京の2億3500万円が最も多かった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中