全日空トラブルの原因 サーバー機能の「期限切れ」

印刷

   全日空は2008年9月18日、国内線のシステムトラブルで計63便が欠航した問題で、トラブルの原因はサーバーの暗号化機能の使用期限切れだった、と発表した。サーバーは05年に導入されたが、機能が3年で止まるように設定されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中