2018年 10月 22日 (月)

スーパー「買い物カゴ」持ち去りの頻発 「住みやすさ1位」富山県どうしたの?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   スーパーマーケットのレジ袋を有料化している富山県で、そのスーパーの「買い物カゴ」が大量になくなっていたことが話題になっている。数カ月で200個なくなった店、毎月10個前後が持ち去られたところもある。

数カ月で200個なくなったスーパーもある

   富山県では2008年4月からスーパーマーケット、クリーニング店などでレジ袋を有料化している。自治体単位ではこれまでもあるが、県全体でというのは全国初で、県や業界団体らが一丸となって運動を盛り上げている。ところが、そんな富山で4月以降、店の買い物カゴが相次いでなくなるという被害が発生していると、9月21日付で「北日本新聞」が報じた。系列スーパー5店舗で計200個なくなったとか、25店舗展開するチェーンで毎月10個前後のカゴが持ち去られているなど、被害は県内各地でみられるという。もっとも被害が大きいのが、1店舗で200個なくなったという「新鮮市場ユアーズ赤江店」(富山市)だ。J-CASTニュースが店長に取材すると、

「この数カ月で200個なくなったというのは本当です。7月に店内のカゴが明らかに少なくなっていたので、数えてみてわかりました」

という。

   スーパーマーケットの業界団体、全日本スーパー協会によると、買い物カゴは1個あたり平均400~600円で、取っ手部分が金属製のタイプはもっと高い。また、店名がプリントされていたり、複数の色を使っていれば、もっとする。200個なくなるということは、被害額は十数万円に上る。しかし、店長は、

「記事で大きな事件のように報じられてしまいましたが、金額の問題ではありません。お客様との信頼関係に関わることなので、窃盗罪で訴えるなんて考えていませんよ」

と、まあ、なんとも言いようがない。

   レジ袋の有料化との関連性はわからない。有料化する前から常連客の中にはカゴを「借りていく」人がいた。次に来るときに返すというのだが、本当に戻ってきたかははっきりしない。高岡市に親戚がいるという人は、「あちらではカゴの持ち帰りはめずらしいことではない。車でそのまま積んで帰るのを見たことがある」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...