2022年 1月 20日 (木)

GT-Rとポルシェどっちが速い 日独メーカー間で場外バトル

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   日産のGT-Rが出したとする市販車最速タイム(当時)に、ポルシェが噛み付いている。テスト当時はレース仕様だった疑いがあるというのだ。本当のところ、どっちに軍配が上がるのか。

テストでレース仕様のタイヤ? 日産は否定

GT-Rを取り上げた豪大衆紙ヘラルドサンの記事
GT-Rを取り上げた豪大衆紙ヘラルドサンの記事
「ゴジラ(Godzilla)はウソをついたのか?」

   こうセンセーショナルな見出しを打ったのが、オーストラリアの大衆紙ヘラルドサン。ゴジラとは、「NISSAN GT-R」の海外での愛称だ。このほか、自動車専門紙Cars Guideなど主に豪メディアが2008年9月30日から、GT-Rの最速レコードに疑いがあるなどと報じている。

   日産自動車は08年4月16、17日、ドイツのニュルブルクリンクのサーキットでGT-Rのテストを行い、当時としては市販車最速の周回タイム7分29秒3を叩き出した。ところが、独ポルシェの開発責任者が、豪メディアに対し、「テストしたGT-Rは、市販車ではなく、ほかのタイヤを使ったものと考えられる」と説明したというのだ。それによると、「セミスリック」と呼ばれるレース仕様のタイヤを使った可能性があるという。

   そして、ポルシェは、米国で6月から販売中のGT-Rを買い、ニュルブルクリンクサーキットで「911 ターボ」とその高性能版「911 GT2」との比較テストをした。その結果、GT-Rは、7分54秒と日産のテストより25秒も遅かった。一方、911 ターボは7分38秒、911 GT2は7分34秒だった。このことから、開発責任者は、「GT-Rは、911より20キロほども重い」とジョークめかして語ったという。

   こうしたポルシェの指摘に対し、日産側は全面的に反論している。同社広報部では、次のように説明する。

「テストでは、市販車を使いました。はいているタイヤも市販のものでラップタイムを出しました。セミスリックといったレース仕様のものでは、決してありません。自動車雑誌『ベストモータリング』の方に第三者としてご招待申し上げ、走行シーンを撮影して7月号付録のDVDにしてもらっています。それをご覧いただければ、疑いがないことが分かります。ポルシェ側は、テストで違うタイムを出したようですが、そこにうちがいたわけではありませんので、そのテストについてお答えする必要はないと思っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中