2018年 7月 19日 (木)

「未成年アイドルと飲酒」はウソ? スクエニ、漫画誌契約社員を処分

印刷

   スクウェア・エニックスの漫画雑誌「ヤングガンガン」の契約社員男性が、未成年アイドルとの飲酒を告白して騒ぎになっている。しかし、同社では、アイドル同席はまったくのウソとしており、男性を処分したことを明らかにした。

「オタクはきもい」との発言も

「お詫び」を出したヤングガンガン公式サイト
「お詫び」を出したヤングガンガン公式サイト
「今日ゎオレの歓迎会なんだけど、今3次会で麻布」

   こんな独特の助詞を使う告白文が書かれたのが、ミクシィの2008年10月4日付日記。そこで、「ドラクエ」のゲームで知られるスクエニの契約社員男性(自称28歳)は、16歳と19歳の女性アイドルらと「飲んでる」と書き込み、未成年飲酒と騒ぎを巻き起こした。

   この男性は、編集部に10月1日から働き始め、日記によると、グラビアと漫画の担当だとしている。

   さらに、仕事開始後の10月13日には、別の女性アイドル(18)の写真集サイン会に休日出勤したときの日記を書いて、これも物議を醸した。「やたらオタクに絡まれた。マジきもくて鳥肌たったゎ」とキモヲタ発言をしたのだ。

「出来心だったのかもしれません」

   この騒ぎに対し、スクウェア・エニックスと同社ヤングガンガン編集部では、同誌公式サイトで08年10月14日、事実関係を全面否定した。社内調査の結果、女性アイドルらとの飲酒などについて、「事実無根の情報」だと分かったとして、ミクシィの日記を削除する措置を取ったというのだ。契約社員男性については、その内容を明らかにしていないが、就業規則に従って厳正な処分をしたという。そのうえで、「虚偽情報の流布」でアイドルやファンらに迷惑をかけたとして、お詫びしている。

   同社では、J-CASTニュースの取材に対し、男性がなぜウソまでついて告白したのかについて、「いろいろな出来心だったのかもしれませんが、なぜウソをついたかは分かりませんし、申し上げる必要もありません」と話している。

   なお、未成年アイドル2人のプロデューサーも、J-CASTニュースに、「16歳がそんな飲み会に参加するわけがありません。契約社員は知りませんし、会ったこともないと言っています。まったくの虚偽と結論が出ていますので、これ以上は答えません」と困惑した様子だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中