会員制バーで葉巻とお酒 68歳麻生首相の充実ナイトライフ

印刷

   麻生首相が夜の街へ繰り出す日は、歴代首相の中でもとりわけ多い。帰宅時間も結構遅い。深夜近くまでお酒を飲みながら、葉巻をくゆらせる姿が目撃されている。御曹司らしいナイトライフの充実ぶりがうかがえる。

夜の会合多く、平均帰宅時間は午後10時54分

ハンバーガーが大好物とは本当か(松本純官房副長官のホームページより)
ハンバーガーが大好物とは本当か(松本純官房副長官のホームページより)

   東京・六本木のキッチン&バー「馬尻」。そこで、麻生太郎首相(68)が2008年10月18日夜に会食する姿が、翌日のフジテレビ系番組「サキヨミ」で放送された。

   店の窓越しに撮影されたものだ。麻生首相は、左手で葉巻をくゆらせながらも、右手の携帯電話で何かを話している。その鋭い目つきから緊迫したやり取りが予想され、総選挙の時期について話していた可能性があるという。

   番組では、松本純官房副長官が、インタビューに対し、「お好きな葉巻を1本40分ぐらいかけて、その間にいろんな話をする機会を設けています」と明かしていた。

   ナイトライフの充実ぶりは、最近の首相でも特に目立っている。

   読売新聞の10月19日付記事によると、政権発足後24日間の平均帰宅時間は、小泉元首相が午後9時7分、安倍元首相が同8時57分、福田前首相が同8時25分。これに対し、麻生首相は、午後10時54分だ。この間の夜会合は、5回の福田前首相に対し、なんと25回と5倍も多いのだ。新聞各紙の首相動静によると、会合のある店は、ホテル内の料理店や会員制バーが多い。

   麻生首相の夜会合の多さは、今に始まったことではない。しんぶん赤旗の調べによると、資金管理団体が06年中に支出した飲食費は、約3500万円に上っている。2日に1回は会食している計算だ。中には、一晩で7件をはしごして約200万円を使った日もある。

   総選挙に備えてのパフォーマンスか、10月19日は、東京・新宿区のスーパーで、バターの品切れはないかなどを視察して聞いた。庶民の暮らしを実感したかったようだが、その後、帝国ホテルで夕食を取っていたことがネット上で話題になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中