五輪フェンシング銀の太田雄貴 森永製菓に内定

印刷

   北京五輪のフェンシング男子フルーレ個人で銀メダルの太田雄貴選手(22)が森永製菓に内定したと、新聞各紙が2008年10月22日報じた。

   太田選手は、08年3月に大学を卒業後は五輪へ集中するため就職せず、「ニート剣士」と話題になった。しかし、メダル獲得後は、就職先を探していると明かしていた。数あるオファーのうち、五輪前からサポートしてきた同社を選んだという。次のロンドン五輪のため、就職しても競技に専念する見込み。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中