2020年 10月 30日 (金)

「慶大150周年」に250億円 恐るべし卒業生の「愛塾心」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   慶応大が創立150周年を迎えるにあたり、卒業生から250億円超の寄付が集まった。慶大の卒業生は30万人に上るといわれるが、これほどまでに寄付金が集まるのはなぜなのか。背景には、他校から見ても際立つ「愛校心」ならぬ「愛塾心」がありそうだ。

5年間での目標を3年間で達成

慶大には卒業生から250億円超の寄付があった
慶大には卒業生から250億円超の寄付があった
「慶應義塾創立150周年記念事業募金につきましては、お蔭様をもちまして目標額の250億円に達するお申込みを頂くことができました。これは広く社会各界から寄せられた信頼と期待と社中一致の精神によるものと深く感謝いたしております」

   慶大が創立150周年を迎えるにあたり、学長などのコメントが記念事業のホームページに2008年10月に掲載された。2008年11月8日には慶大・日吉キャンパス(横浜市)で、1万人規模の式典が行われる。「慶應義塾 創立150周年記念事業」では、同大の同窓会組織「三田会」などを通じて、05年10月から記念事業への募金を呼びかけたが、08年9月末までに目標額250億円を超える、255億円が集まった。募金期間は2010年9月までとしており、5年間での目標を3年間で達成したかたちだ。

   慶大では、150周年記念事業に10年間で900億円超の資金総額を見込んでいる。日吉キャンパスでは、複合施設「協生館」の建設したほか、大学院「システムデザイン・マネジメント研究科」、「メディアデザイン研究科」の新設などの事業計画を進めている。卒業生からの寄付金はこれらの事業の一部に充当される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中