2020年 7月 9日 (木)

「立ち飲み」に通っていた麻生首相 「俺は安くてウマい酒が飲みたいんだ」

印刷
ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   連日のホテルバー通いが物議を醸している麻生首相が首相就任以前に通っていた立ち飲み居酒屋がある。日本酒にはこだわりがあって、熱燗好き。大吟醸のような高級酒はダメで、「俺は安くてウマい酒が飲みたいんだ」と言っていたそうだ。

宮内庁御用達 霞ヶ関でも有名な立ち飲み屋

「鈴傳」外観。最近では「日本酒の聖地」として紹介されることも
「鈴傳」外観。最近では「日本酒の聖地」として紹介されることも

   麻生首相が通っていたのは、四ツ谷駅から徒歩5分ほどにある、「スタンディングルーム 鈴傳(すずでん)」。夕方6時過ぎになると、仕事帰りのサラリーマンで賑う典型的な立ち飲み居酒屋だ。価格も、さつま揚げや牡蠣フライなどの日替わり惣菜が350~400円、日本酒1杯380円からと、極めて庶民的な店だ。

   だが、ただの居酒屋とは違う。隣に併設されている酒屋は創業1851年。明治から宮内庁御用達の店と知られていた伝統ある店なのだ。立ち飲み居酒屋は戦後間もない頃にできた。当時四ツ谷には、旧大蔵省などの官庁施設が多く置かれており、そのころから官僚や政治家が多く訪れていたという。記者が訪れた際も、国交省に勤務していたという男性客が日本酒談義に花を咲かせていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中