2018年 10月 16日 (火)

恋愛は女性がリードする時代 「男性『落とす』テク持つ」が40%

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   合コンや初デートの時などに気に入った男性を「落とす」必殺テクニックについて女性にアンケート調査したところ、40%近くが「持っている」と答え、その約80%が、「失敗したことがない」という。いったいどんな恋愛テクニックを使っているのか。

恋愛テクの成功率、なんと8割!

   この調査は、女性・OLのための情報サイト「OZmall」(オズモール)が行った「OLの恋愛&エッチのホンネ調査」。2008年10月31日~11月18日にかけて、同サイト会員の80万人(平均年齢29.5歳)のうち516人が回答した。それによれば、「恋愛の必殺テク、ある?」の問いに37%が「ある」とし、恋愛テクが「ある」答えた人に、「恋愛テクを実行して、失敗したことある?」と聞いたところ78%が「無い」と答えた。

   必殺テクの中身は「気になる人を見つめる」、「ボディタッチをする」と答えた人が多く、「キャラ作りをする」「デートの回数でキスのしかたを決める」「メールの送信タイミングを考える」というものもあった。

   例えば、

「目が合ったら『ドキっ!』として表情をして目を逸らす。それを何度も繰り返す」
「男性と友達みたいに仲良くなる。で、慣れたところで女子な部分をまた見せる」
「メールアドレスを交換したら、自分からすぐには出さない。興味があるんだかないんだか、わらないところで抑える。初デートは、キス以上はせずに帰る」

などだそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...