2019年 12月 8日 (日)

スッポンポンで堂々と入る 若い女性の当世「混浴事情」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「混浴」に乗り込んでくるのは、おばちゃんかお年寄り、というイメージがあるが、最近は事情が変わってきていて、若い女性が堂々と入る姿が目撃されている。それも、「ゆあみ着」など着けずに、裸のままが多いそうだ。そのせいか、居心地が悪いと嘆く男性さえいる。混浴で戸惑うのは今や男性の方らしい。

ゆあみ着を着て入るのは、中高年の女性がほとんど

   「混浴」が若い女性に人気だという情報がこのところ増えている。しかし一方で、巨大掲示板「2ちゃんねる」では、

「嘘だと思うけどなあ…唯一会った事があるのが、50前後のおばちゃん達」
「混浴に行ってもお年寄りしかいない」

などと疑問視する声が上がっている。

   そこで、J-CASTニュースが、混浴を設けている、いくつかの温泉に聞いてみた。

   十和田八幡平国立公園の北部に位置する一軒家宿の酸ヶ湯温泉旅館(青森市)は、総ヒバ造りの「千人風呂」と呼ばれる内湯で有名だ。混浴で、160畳もの浴室には5つの浴槽があり、300人が入れる。神経痛、リウマチなどに効くと言われ、地元の人のほか、ゴールデンウィークやねぶた祭りの時期には多くの観光客で賑わい、ピーク時は1日に約1000人が入湯する。旅館の従業員は「若い女性の利用は、昔よりも増えている」という。

   浴槽へのタオルの持ち込みは禁止されているが、着たまま入れる「ゆあみ着」を売っている。

「ゆあみ着を着て入るのは、中高年の女性がほとんどです。今の若い女性は堂々と裸で入りますよ。お湯が白濁しているので、いったん入ってしまえば抵抗感がないのでしょう」

   出入りの際は裸をさらさなければならないが、「それは平気」という女性は結構多いようだ。

   「日本一の総檜大浴場」とPRする千人風呂があるのは、千人風呂金谷旅館(静岡県下田市)だ。弱アルカリ性、無色透明の温泉で、女性専用の木造風呂、男女別の露天風呂もあるが、泳げるほど広い混浴の千人風呂が人気だ。ここでも、

「年配の女性もいますが、若い女性の方が混浴を利用しています」

と明かす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中