景気判断6年10か月ぶり「悪化」 12月月例経済報告

印刷

   政府は2008年12月22日、12月の月例経済報告を提出した。景気の基調判断を「悪化している」とし、前月から下方修正した。基調判断を「悪化」としたのは、ITバブル崩壊後の2002年2月以来、6年10か月ぶり。世界的な不況で輸出や生産が減少し、雇用情勢も悪化しているためだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中