景気「急速に悪化」86.8%も 日経社長アンケート

印刷

   日本経済新聞社は2008年12月22日、「社長100人アンケート」結果を紙面発表し、景気が「悪化している」とする回答が99.3%にも達したことを明らかにした。その中でも、「急速に悪化している」との回答が、10月上旬の前回アンケートの10.8%から86.8%に増えたのが目立っている。

   一方、2010年春の新卒採用については、4割以上が前年春と「変わらない」と答えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中