2020年 9月 28日 (月)

滝川クリの「モナリザ」ポーズ その角度の「秘密」が明らかに

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

分度器を使い角度を測る

   その結果、

「視聴者は一方的に見ているのではなく、私たちと時間を共有しているように感じるんですよ」

だそうだ。スタジオセット自体も斜め向きに作られているという。

   実は、このアイディアを出したのは、同番組のキャスターの松本方哉さんだそうだ。松本さんはフジテレビドラマ「踊る大捜査線」の舞台セットスタッフと綿密に打ち合わせをし、自ら分度器を使い角度を測るなどしてスタッフに指示したという。ちなみに、スタジオ全体は人形劇「サンダーバード」の基地をイメージしているという。それも松本さんのアイディアで、松本さんは「サンダーバード」を始めとするSF物が大好きなのだそうだ。

   滝川さんはどうしてあの「モナリザ」ポーズをしているのか、はこれまで謎だった。07年3月14日に行われたフジテレビ番組審議会でも賛否両論があり、「普通のキャスターと違う座り方なので違和感がある」との声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中