2018年 7月 21日 (土)

新入社員の4割、「今の会社に一生勤めたい」 生産性本部調査

印刷

   社会経済生産性本部が実施した「2008年度 新入社員 半年間の意識変化調査」によると、「今の会社に一生勤めたい」と答えた新入社員は39.5%と過去最高で、4年連続で上昇した。また、「今の会社に一生勤めたい」と回答した人(339人)の中で、入社前に描いていたイメージより配属後の状況が「期待以上」であった項目は、「職場の人間関係」が最も高く、次いで「上司先輩の指導育成方法」であった。

   一方、「転職を希望する」「きっかけ、チャンスがあれば転職しても良い」「是非転職したい」と回答した人(349 人)の中で、入社前に描いていたイメージより配属後の状況が「期待以下」であった項目は、「仕事の内容」が最も高く、次いで「職場の風土・体質」となった。

   調査は08 年春と秋に実施した社会経済生産性本部経営革新部主催の新入社員教育プログラムへの参加者に行い、869 通の有効回答を得た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中