検索連動型広告などP4P市場が25%増

印刷

   2008年の検索連動型広告の市場規模は前年比124%の1357億円、コンテンツ連動型広告は125%の239億円で、P4P全体では25%増の1596億円となったことが、アウンコンサルティングの調べでわかった。企業のマーケティング活動に欠くことができない広告として定着していて、全体の広告出稿量が減っている中でも堅調に伸びた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中