2018年 7月 22日 (日)

「漢検」ブームで利益過剰 文科省検査へ

印刷

   漢字検定を実施している日本漢字能力検定協会(京都市)は検定ブームで利益が過剰になり、所管する文部科学省が2009年2月上旬にも立ち入り検査をする、と09年1月23日の各紙が報じている。同協会は公益法人で、必要以上の利益を出すことが認められていない。同省によると漢検を含む公益事業で06年度に約8億8000万円、07年度は約6億6000万円を売り上げていた。

   同協会は公式ホームページで、「記事の内容については、現在事実の確認をしております。文部科学省の立ち入り調査については事前に予定されていたものであります」とコメントしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中