2021年 7月 26日 (月)

「うつ病詐欺」摘発 医師騙すマニュアルあった!

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

医師は簡単に「うつ病」と診断する

   秋田保険事務所に聞くと、傷病手当金給付の書類手続きが整っていれば、医師の診断については、

「疑う余地などはありません」

というのが実態だそうだ。

   厚生労働省の調べによると、うつ病、躁うつ病の患者総数は99年の44万1千人に対し05年は2倍の92万4千人に増加。製薬会社ファイザーが12歳以上の一般生活者4,000人を対象に、07年2月7日から07年2月16日にかけて行ったインターネット調査では、「一般生活者の12%、約8人に1人がうつ病・うつ状態の可能性」があるという結果が出ている。精神科医・香山リカさんの著書「うつ病が日本を滅ぼす!?」によれば、現在の診断基準では、2週間以上「うつ」状態が続けば「うつ病」と診断していいことになっているのだそうだ。ある精神科医はJ-CASTニュースの取材に対し、

「患者から『私はうつ病です』と言われれば、医師は簡単にうつ病と診断し、薬を処方することが多くなった。それも日本でうつ病患者が増えている原因だ」

と打ち明ける。今回の「うつ病詐欺」も、こうした実情を知った上での犯行なのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中