東芝とNEC、半導体事業で統合交渉

印刷

   東芝NECが半導体事業の統合に向けて交渉していると、新聞各紙が2009年1月30日に報じている。世界的な不況で業績が悪化しているためで、今後、半導体業界が再編される可能性も指摘されている。

   それによると、東芝がシステムLSI(大規模集積回路) 事業を分社化し、NECの半導体子会社のNECエレクトロニクスと統合する見通しだという。なお、NECは、富士通との事業統合も検討しており、流動的な面も残されているとも報じられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中