2018年 7月 22日 (日)

トイレに命名しませんか? 渋谷区が募集

印刷

   東京・渋谷区は、区内に14か所ある公衆トイレの施設命名権(ネーミングライツ)を売却することを決め、2009年1月30日からスポンサー企業を募集している。

   スポンサー企業は、提示金額や希望名称に加え、施設の維持管理などに関する具体的な提案も含めて総合的に判断、決定される。同区内のトイレは、表参道ヒルズに隣接する「表参道公衆便所」や、「渋谷駅東口公衆便所」など、人通りの多い場所に設置されているものが多い。命名権を購入した企業は、その名称を書いた看板を設置できるほか、区が土地を所有している7か所は施設内のカベなどに広告を掲示することも可能という。

   J-CASTニュースが渋谷区公園課に問い合わせたところ、

「マスコミや企業からの問い合わせは来ているが、まだ具体的な提案はいただいておりません」

とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中