小杉産業が破産手続きを開始

印刷

   小杉産業(本社・東京都中央区)は2009年2月17日、破産手続きの開始が決定した、と発表した。負債総額は97億9300万円。債権者は418人。資金繰りに行き詰り、スポンサー候補から支援の意向を得られなかったという。東証は09年3月3日付で上場廃止にすると発表した。

   同社は1943年設立。「ゴールデンベア」ブランドを中心とした各種カジュアルウェアの製造・販売を行っていた。契約社員などを含め社員数は1340人。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中