2020年 8月 13日 (木)

服は買わずに「デコる」 お金をかけない新オシャレ術

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

地味な服にバッジをつけるだけで自分好みにできる

   ハートや星といった定番のモチーフのほか、アイスクリーム、ショートケーキ、パフェといった若い女性に人気のスイーツ柄もある。ラメ、スパンコール、キラキラのストーンがついて、どれも凝った作りだ。価格は1つ50~180円。

   ブローチやジッパーチャーム(ファスナーにつけるアクセサリーだが、携帯ストラップ、ネックレスなどにも応用できる)も、この2、3か月で売上げが伸びた。

   客層は小学校高学年~中学生が中心だが、20、30歳代の女性も買っている。平均客単価は2000円。単価が安いのでまとめ買いする人が多い。

   都内のビーズ販売店の店員は、

   「アクセサリー用に売っているビーズを洋服に縫い付けたり、ボタンタイプのビーズをボタン代わりにしたり、とカスタマイズする人が増えています。オリジナルの図柄を考えて、デコ電に使うスワロフスキークリスタルをデニムやTシャツにつける人もいます」

という。

   洋服をデコるのが得意だという女子大生は、こう話している。

「地味な服にバッジをつけるだけで自分好みにできるところが、気に入っている理由です。高校生の時にお金がなく、そんな中でもおしゃれをしたくて、バッジを集め始めました。今も気分次第でいろいろつけています」

   ワッペンやバッジなら1000円くらいで買える。手持ちの服につけて楽しんでいるそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中