芸能リポーターは絶滅種に!? 関西でもテレビから消える

印刷

   関西でもワイドショーが次々打ち切りになり、テレビから芸能リポーターが消えかかっている。自主規制で面白くなくなったり、芸能人がブログで発言するようになったりしていることなどが理由らしい。このまま絶滅種になってしまうのか。

「裏話を知っているリポーターが少ない」

   梨元勝、井上公造、石川敏男、前田忠明、福岡翼、みといせい子…。

   言わずと知れた芸能リポーターたち。今や、民放キー局で同じ時間帯に顔をそろえることは、ほぼ皆無になった。番組が打ち切られたり、縮小させられたりしたからだ。

   一部リポーターは、関西のテレビ局に主な舞台を変えて活動している。ところが、そこでも、2009年3月で次々にワイドショーが打ち切りになるというのだ。とくに、井上公造さんとその設立会社「KOZOクリエーターズ」のリポーターたちの影響が大きい。

   打ち切られるのは、井上さんと駒井千佳子さん、佐々木博之さんが出演している読売テレビの「えみぃSHOW」、駒井さん出演の同テレビ「なるトモ!」、それに、井上さんと佐々木さんが出演の朝日放送「ムーブ!」。

   「ムーブ!」の後継番組「NEWSゆう+」では、井上さんが金曜日に出演するなど、今後も出る機会がないわけではない。しかし、ワイドショーが縮小されつつある印象は否めない。民放キー局でも、3人が出演している日本テレビの「ラジかるッ」が3月で打ち切りになり、後継番組でも、出演の見通しは不透明だ。

   井上さんは、出演番組打ち切りについて、こう説明する。

「実際に終わる番組は多々あり、減収になっているのは事実です。ここ数年、コメンテーターらを代わりに使ったり、不況で予算が減って視聴率のある番組でも終わったりしているからです。しかし、新しくスタートする番組が複数あり、東京、大阪、名古屋、福岡でまだ出演を続けていきますよ。ニーズはあると思いますので、我慢しながら切磋琢磨していきたい」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中