2019年 4月 20日 (土)

「日本でiPhoneが売れない理由」 専門家コメントはねつ造だった

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   アップルの携帯電話「iPhone」について、「Wired」電子版(英文)が、「日本人に嫌われ売れていない」と報道した。この記事は話題になり、ネット上で「なぜ日本でiPhoneが売れないのか」の議論が起こったが、実は、日本で売ない根拠を分析した日本人ジャーナリストの発言は「ねつ造」だった。記事自体の信憑性は薄れ、「Wired」には読者からの批判が多数寄せられているという。

「日本でiPhoneを持ち歩くのはマヌケと思われる」

   問題の記事は09年2月26日に掲載された「Why the Japanese Hate the iPhone」(なぜ日本人はiPhoneを嫌うのか)。iPhoneは地球上のどの地域でも喜ばれ楽しまれているが、日本だけは違う。販売不振が続き、とうとう日本では無料で提供される事態になった、と書いている。確かにソフトバンクは、新規契約者について「iPhone 3G 8GB」が「本体価格が実質0円」になる新サービスを09年2月25日に発表している。

   記事はiPhoneが日本で嫌われる理由について、利用料が高いこと、日本の携帯電話に比べ機能が劣ること、デザインがダサイことなどをあげ、「日本の実情には合わない」と説明。それを裏付けるため、海外の専門家と2人の日本のジャーナリスト林信行さん、平田大治さんのコメントを紹介した。しかし、この日本人の2人のコメントは全くの「ねつ造」だったようだ。林さん、平田さんが自身のブログなどで「コメントはしていない」と訴えているからだ。

   林さん、平田さんのブログによると、今回の騒動はおおむねこんな経緯だったようだ。話題になっている記事を読んで、自分の名前を発見。コメントをした覚えはないのに「iPhone」が日本で売れない理由が語られていた。しかも、

「日本でiPhoneを持ち歩くのはマヌケと思われる」
「iPhoneを欲しいと思う人は日本では一人もいない」

など、とんでもない表現だった。2人は直ぐさま「そんな発言はしていない」と、日本語と英語でブログを書いた。記事のコメント欄でも表明し、読者をブログに誘導するためのアドレスを置いた。平田さんは09年3月2日付けのブログで、仮にコメントを求められたとしたら、

「iPhone はみんなカッコイイと思っているじゃないかな、わたし iPhone も持ってるし、って答えますよ」

などと書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中