2020年 8月 11日 (火)

不況下の節約作戦 貸し借りや物々交換サイト

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   この不況下、少しでも節約したいというわけで、自分にとって不要なものを他の人に渡して有効に使ってもらおうという交換サービスが話題になっている。ネット上にはこうしたサイトがいくつも登場している。

「欲しいものは購入、消耗品はシェアで」

   エニグモ(東京渋谷)が運営する携帯電話向けサイト「シェアモ」。会員は、自分が使わなくなったものを「出品」し、商品を使いたいユーザーは「借りる(シェア)」ことができるという単純な仕組みだ。その際、利用者は送料を負担するだけで借り受けることができる。そして、商品を出品したり、シェアしたりするときに発生するポイントを一定数ためれば、欲しいものを「引き取る」ことも可能だ。

   サービスは2008年1月から開始した。実際にサイトをみると、本やDVD、CD、衣類、コスメ、家電など様々な商品がラインナップされている。エニグモの担当者は「本やCD、ファッションやベビー用品での利用が多いみたいです」と話す。なお、商品のシェア期間は、10日~半年内で出品者が自由に決める。

   実際に「シェアモ」を利用したというAさんはブログで、「たい焼きがやけるフライパン」を引き取ったことを紹介した。もっとも、人気の商品には希望が殺到するため、逃してしまったことが多いとも書いている。また、ある主婦の場合は、息子にキックボードが欲しいと迫られたが、すぐに飽きるだろうと推測。そこで、「シェアモ」を利用して手に入れ、飽きたら出品したという。さらに、使ってみたいダイエット器具を試すために、利用している人もいるそうだ。

   「シェアモ」の会員数は現在、2万人を超えている。前出の担当者は「自分が使っていないものが有効活用されるのがうれしい、節約にもなる、といった意見が寄せられています。特に、08年秋以降、本当に欲しいものは買うけど、そうでないものはシェアで、と考えている人は増えているようです」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中