2019年 12月 13日 (金)

「市民記者」のオーマイニュース 2年半で撤退、4月下旬サイト閉鎖

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

ページビューが低迷、経営が行き詰る

   経営面では、バナーなどによる広告収入での運営を目指したが、「市民記者」が提供する記事の内容が「感想文」に近いオピニオン系の記事が多かったことからページビューが低迷、経営は行き詰まっていた。

   前社長の元木昌彦氏が「日経ビジネス」08年10月20号の「敗軍の将、兵を語る」で明かしたところによると、08年6月末には、全社員を解雇してもいる。

   08年7月には、オーマイニュースに出資しているソフトバンクの関連会社「アイティメディア」出身の小宮紳一氏を新社長に迎え、08年9月には「ニュース」の看板を下ろし、生活情報を中心としたサイト「オーマイライフ」として出直しを図った。

   小宮氏は当時、J-CASTニュースに対して

「もっと読まれる、支持されるメディアにならないといけない」
「カテゴリーを明確化したことで広告が取りやすくなる」

などとして、従来のバナー広告の他にタイアップ広告に力を入れ、財務基盤を改善したい考えを明らかにしていたが、リニューアルからわずか7か月で閉鎖に追い込まれる結果に終わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中