2019年 9月 19日 (木)

週刊現代のミスチル「解散」説 事務所は否定、ファン疑心暗鬼

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   週刊現代が報じたミスチル「解散」説で、ファンに混乱が広がっている。事務所サイドは全面否定したものの、サザン、チャゲアスと無期限の活動休止になった例もあり、不安が拭い切れないらしい。今度は、どうなのか。

「チャゲアスの件もありますしね・・・」

ミスチルは、「解散」報道を否定
ミスチルは、「解散」報道を否定

   J-POP界を長年引っ張ってきた大物バンドだけに、2009年4月6日発売の週刊現代は、「独占スクープ」と仰々しい宣伝文句を付けた。

   その記事によると、ミスチルこと「Mr.Children」が結成20周年を迎える09年の年内に解散もしくは、無期限の活動休止になるというのだ。

   この一報は、ネット上で反響を呼び、ミクシィのミスチル各コミュニティでは、次々に悲痛な声が上がった。

「嘘ですよね~」「それはないとおもいます!! ミスチル仲いいし」

   ただ、それでも疑心暗鬼な気持ちを吐露するファンもいた。

「でも・・・まったく完全な嘘やと思えない 週刊誌もそれなりに裏で調べてるし・・。チャゲアスの件もありますしね・・・あれも結局否定しときながら、結果はってことやし」

   週刊現代の記事によると、解散後のミスチルは、ボーカルの桜井和寿さん(39)が、所属事務所の烏龍舎とエイベックスが共同で設立した新事業体「ORS」に移籍し、新バンドを結成する計画だという。烏龍舎は、ミスチルのプロデューサーとして知られる小林武史さん(49)が社長。記事では、メンバーの不仲ではなく、烏龍舎やエイベックスの事情が理由だとしている。解散もしくは無期限休止をうかがわせるものとして、現在行っている全国ツアー以降のスケジュールが白紙状態で、新曲リリース期日も設定されていないことを挙げている。

   この「解散」報道に対し、所属事務所の烏龍舎では4月7日、ミスチルの公式ホームページ上で、「言うまでもありませんが、この様な事実は全くございません」と、強い調子で全面否定した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中