2020年 8月 11日 (火)

車の「相乗り」サービスが人気 不況下での新節約術

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   自家用車やタクシーなど移動にかかる費用を「相乗り」で節約しようというサービスの人気が不況の中で急上昇してきた。深夜帰宅するときに、携帯電話のサイトで同乗者を募集して成立、などといった仕組みだ。

同じ方面に帰るタクシーの相乗り希望者を募る

   タクシーの相乗り仲間を見つけられるのは「タクトモ.com」というサイト。携帯用だが、パソコンでも使える。同じ方面に帰るタクシーの相乗り希望者を募り、料金をシェアしようという仕組みだ。自分の現在地から帰りたい方面と集合時間を書き込む。それを見た他のユーザーが返答し、相乗りが成立する。女性専用の「タクトモL」や、タクシー運転手から運賃の提案を受ける「マッチング機能」もよく利用されている。「いつ、どこまでいく」という条件を打ち込むと、運転者から料金が示され、同時に相乗り相手も募集できる仕組みだ。

   「タクトモ.com」の運営会社「スカイミント」の担当者は、

「現在約5000人の登録者がいます。4月上旬から始めた『マッチング機能』は特に好評で、通常より2、3割ほど安い運賃で、既に200件ほどマッチングが成立しているようです。会社員の深夜の利用が多いですが、なかには高齢者の通院に利用されるケースもあります。今後も『あいのり』、『マッチング』を含め、幅広く簡単に利用できるサービスを目指します」

と話す。

   自家用車の相乗り仲間を見つけられるのは「のってこ!」というサイト。少しでも安く目的地へ行きたいドライバーと同乗希望者が「日時」、「出発地」、「目的地」を公開し「相乗り仲間」を募る。乗車地、降車地、負担額など、双方の条件が合致すればドライブが成立し、当日「相乗り」を行うというわけだ。目的地までの距離や、参加人数にもよるが、同乗者の負担額はだいたい1500円から3000円ほど。2009年4月22日現在、ゴールデンウィーク期間(09年4月29日から5月6日)の「あいのり」募集を検索すると、74件がヒット。出発・目的地も北は青森県、南は鹿児島県と、東北から九州まで幅広い。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中