2019年 1月 18日 (金)

新生銀とあおぞら銀、経営統合へ 国内第6位に

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   新生銀行とあおぞら銀行が2010年夏をめどに経営統合する方向で検討に入った。実現すれば、総資産で中央三井トラスト・ホールディングスを抜いて国内第6位となる。世界的な金融危機で経営状況が一気に悪化した。10年夏にも共同持ち株会社を設立し、両行がその傘下に入るもよう。

   両行は長期信用銀行時代の企業取引中心の営業から、個人向けのリテール業務をも担う銀行への脱却をめざしていた。新生銀は消費者金融を買収、あおぞら銀は住友信託銀行との業務提携を結ぶなどの動きをみせたが経営状況は芳しくなく、他行との再編ではたびたび名前が取沙汰されていた。

   新生銀は1998年に経営破たんした旧日本長期信用銀行、あおぞら銀も同年に破たんした旧日本債券信用銀行が前身。一時国有化後、新生銀は米投資ファンドのリップルウッド(現RHJインターナショナル)、あおぞら銀はソフトバンクなどが経営権を得た。

   現在は、新生銀がJCフラワーズ、あおぞら銀はサーベラスが筆頭株主。経営統合には米投資ファンドの意向が成否を分けそうだ。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中