2019年 2月 20日 (水)

1病院だけで死者が63人以上 メキシコの豚インフル、深刻な事態?

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   首都の1病院だけで死者が63人以上にも――。メキシコの病院医師という人からこんな報告があったなどと、イギリスのBBC放送がサイト記事で紹介している。ほかにも同様な証言が寄せられているほか、インフルエンザの治療薬やワクチンは、効果がないと指摘されている。事態は本当に深刻かもしれない。

BBCの英文サイトに医師が報告

BBCのサイト記事
BBCのサイト記事
「私が働いている病院では、1日に3人から4人の患者が亡くなっています。それも、3週間以上こうした異常な状態が続いているのです」

   現地時間で2009年4月27日付になるBBCの英文サイト記事「豚インフルエンザ、あなたの経験」。メキシコ国立健康研究所の呼吸器系疾患専門医というAntonio Chavezさんは、首都メキシコシティにあるこの病院での経験をこう報告した。

   単純に計算すると、Chavezさんの病院では、これまでに63~84人以上が亡くなったことになる。新聞各紙によると、メキシコ政府は、豚インフルによる死者を149人と発表し、WHOが警戒レベルを「フェーズ4」に引き上げる事態になっている。もし事実なら、一つの病院でその半分ほどの死者が出た計算だ。Chavezさんは、「政府の発表より死者数はもっと多いのが真実だ」としている。

   さらに、BBCの記事では、メキシコシティの最も大きな病院の一つで医師をしているというYeny Gregorio Davilaさんが、「死者の公式発表は20人ですが、本当の犠牲者数は200人以上にも上ります」と報告した。記事ではよく分からないが、犠牲者数は国全体を指す発生当初のものである可能性がある。前出のChavezさんの病院と同じかも不明だが、事実とすれば、政府発表はかなり抑制された死者数になる。

   このほか、メキシコの地方都市在住という投稿者は、新聞ではこの都市の死者が2人としているが、病院で働いている人たちから聞いた情報では、医者や看護師を含め19人が亡くなったとしている。

   BBCへの投書内容は、英デイリー・テレグラフ紙のサイト記事でも紹介されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中