「週刊新潮」記事に対し、小尻記者遺族がコメント

印刷

   週刊新潮の「朝日新聞阪神支局襲撃の実行犯」誤報問題で、朝日新聞は2009年4月28日に、殺害された小尻知博記者(当時29)の父信克さん、妻裕子さん(49)など遺族のコメントを掲載した。信克さんは、

「案の定、作り話でした。息子の死をもてあそび、世間を騒がす手段に使うなんてひどすぎます。遺族は振り回されただけで、残ったのはむなしさと悲しみだけでした」

   裕子さんは、

「読者や周りの人たちをだましておきながら『こちらがだまされた』と逃げるなんてひきょうです。売れたらよかったのですね。事件がそんなことに利用されてとても残念です」

とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中