2018年 7月 19日 (木)

「週刊新潮」記事に対し、小尻記者遺族がコメント

印刷

   週刊新潮の「朝日新聞阪神支局襲撃の実行犯」誤報問題で、朝日新聞は2009年4月28日に、殺害された小尻知博記者(当時29)の父信克さん、妻裕子さん(49)など遺族のコメントを掲載した。信克さんは、

「案の定、作り話でした。息子の死をもてあそび、世間を騒がす手段に使うなんてひどすぎます。遺族は振り回されただけで、残ったのはむなしさと悲しみだけでした」

   裕子さんは、

「読者や周りの人たちをだましておきながら『こちらがだまされた』と逃げるなんてひきょうです。売れたらよかったのですね。事件がそんなことに利用されてとても残念です」

とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中